ずっと地方暮らしを夢見ていた私は、遂にサラリーマンを辞めて独立して、仙台に引っ越しました。

移住が完了して何が嬉しいかといえば、もう引っ越しをしなくても良いことです!とにかく引っ越し作業は、とてもストレスが大きいものでした。

やることも多くて面倒な事ばかり、大したことないと侮っていましたが、今は終わって本当に嬉しいです。

で、せっかく苦労したので、引っ越しする際にやる必要のある事を残しておこうと思いました。これから地方移住してスローライフを送りたいと考えている人の役に立てば幸いです。

というわけで、今回は引っ越しでやることのチェックリストや、引っ越しの苦労を減らすためのポイントを解説します。

スポンサーリンク


引っ越しでやること

まずは早速、引っ越しでやらなければいけないことのチェックリストを紹介します。

ここには私が引っ越しをする際にやった事に加えて、一般的な家族がやらなければいけないことも追加してあります。

一般的な家庭であれば、ここに書いてあることで、全て網羅されているはずですが、自分の場合に当てはめて、足りてない項目は追加してくださいね。


【引っ越しやることチェックリスト】
時期 やること 対象、手続き先 必要な物事 注意点 備考
引っ越し1ヶ月以前 引っ越し業者選定 引っ越し業者 料金見積もり 業者によってかなりの差があるので、必ず相見積もりを取る事
賃貸住宅の契約解除手続き 管理会社、大家さん 管理会社、大家さんへの連絡と手続き 契約解除は一般的に1ヶ月前に申し出る義務がある 賃貸住宅の場合
住宅貸し出しの仲介業者選定 仲介業者との契約
家賃等の条件設定
内覧
貸し出すまでにはクリーニングが必要になる 持ち家を貸し出す場合
住宅売却の仲介業者選定 仲介業者との契約
売却額等の条件設定
内覧
売却までにはクリーニングが必要 持ち家を売却する場合
子供の転校手続き 学校 役所での手続き 子供がいる場合
電話の停止と新居での開通工事の手続き 通信会社 通信会社への連絡
インターネットプロバイダの停止と新居での開通工事の手続き 通信会社 通信会社への連絡
郵便局の転送手続き 近くの郵便局 郵便局での手続き
粗大ゴミや不用品の処分 お住まいの自治体 粗大ゴミの集荷予約 必要無い物から処分する
新居の下見と家具の配置図の作成 新居 メジャーやカメラ
引っ越し1週間前 転出の手続き お住まいの自治体 役所での手続き 郵送での手続きも可能
国民健康保険の資格喪失手続き お住まいの自治体 役所での手続き
障害者支援などの福祉サービスの停止手続き お住まいの自治体 役所での手続き もし何らかの行政サービスを受けているのであれば
電気の停止手続き 電力会社 電話連絡 貸し出したり、売却する場合は、部屋の維持のために停止しない
ガスの閉栓手続き ガス会社 電話連絡
水道の停止手続き 水道局 電話連絡 貸し出したり、売却する場合は、部屋の維持のために停止しない
新居の電気の開始手続き 電力会社 電話連絡
新居のガスの開栓手続き ガス会社 電話連絡
水道の開始手続き 水道局 電話連絡
引っ越しの荷造り 段ボール
ガムテープ
毎日の生活に必要無い物から 引っ越し業者が提供してくれる
粗大ゴミや不用品の処分 お住まいの自治体 粗大ゴミの集荷予約 不要なものを全て処分
新居への移動手段の確保 電車会社、バス会社 乗車チケット 引っ越し先が遠隔地であれば
引っ越し時の宿泊先確保 ホテル 宿泊予約 引っ越し先が遠隔地であれば、荷物の搬入は翌日になるため
引っ越し代の準備 銀行 お金をおろしておく 引っ越し業者は現金決済の所が多い
課税証明書の取得 お住まいの自治体 役所での手続き 国民健康保険の加入手続きなどで必要
引っ越し直前 新居の引っ越し挨拶品の準備 デパートやお菓子店など お菓子など
引っ越しの荷造り 段ボール
ガムテープ
残りの物も全て
冷蔵庫の中身の処分 食べきれない食べ物の処分
冷蔵庫の電源を切る 電源プラグを抜く 引っ越し前日の夜までに抜く事
貴重品をまとめる 通帳や印鑑などをまとめる 貴重品は引っ越し業者は持って行ってくれない
引っ越し業者へのチップの準備 引っ越し業者 お金を準備しておく 作業員1人あたり500円~1000円くらい もちろん、なくても構わない
引っ越し後 転入の手続き 新居の自治体 役所での手続き
国民年金の住所変更手続き 新居の自治体 役所での手続き
国民健康保険の加入手続き 新居の自治体 役所での手続き 課税証明書が必要
障害者支援などの福祉サービスの加入手続き 新居の自治体 役所での手続き 場合によっては課税証明書が必要
免許証の住所変更手続き 新居の警察署 警察署での手続き 住民票が必要なので、転入の手続きが終わってから
自動車の住所変更手続き 新居の陸運局 陸運局での手続き 住民票が必要なので、転入の手続きが終わってから
所有不動産の住所変更手続き 所有不動産を管轄している法務局 法務局での手続き 住民票が必要なので、転入の手続きが終わってから
子供の転校手続き 新居の自治体 役所での手続き
ガスの開栓工事 ガス会社 作業の立ち合い
電話の開通工事 通信会社 作業の立ち合い
インターネットプロバイダの開通工事 通信会社 作業の立ち合い
ショッピングサイトなどの各種Webサイトの住所変更 各種、Webサイト 住所変更作業
携帯電話の住所変更手続き 通信会社 電話での手続き
銀行の住所変更手続き 銀行 電話またはWebサイト上での手続き

引っ越しでやることはざっとこんな感じです。ただ、この表を見ながら引っ越しの準備をするのも大変かと思うので、この表と同じ内容のPDFファイルを作りました。

実際の準備はこのファイルを見ながらやってください。



色々とやることがありますが、実際に大変なのは、とにかく引っ越しのための荷造りです!

これをいかにしてストレスを少ないものにできるかが鍵です。

また、細々とたくさんあるお役所の手続きも、何かと忘れがちです。私の場合、無駄に何度も通ってしまいました。


引っ越しはとにかくやることが多いものですが、重要なポイントを抑えれば、その苦労も軽くすることができます。

そこで、次は引っ越しの際にやることの重要なポイントを見ていきます。

スポンサーリンク


引っ越しする際の重要ポイント!

引っ越しは人生の中でも、大きなイベントです。苦労やストレスも大きいものなので、なるべく効率よくやりたいものです。

そこで、私が実際に引っ越しした経験に基づいて、これを押さえておくと楽になるというポイントを3つ紹介します。

  • 引っ越し業者の選定
  • 不要物を捨てる
  • 役所の手続き

この3つを賢くやることで、引っ越しもスムーズに進めることができます。

順番に解説しますね!

引っ越し業者の選定


全国に引っ越し業者はたくさんあります。

大手の会社から、その地域に強い会社まで様々です。そのため、引っ越す場所と業者によって、料金にもの凄い差が出てくるのです。

私の場合は、3社に見積もりを依頼しましたが、見積額が最も高い業者と安い業者では、実に2倍もの差がありました!

引っ越し業者はなんとなく選ぶのではなく、複数の業者の相見積もりを取ることを強くおすすめします。

複数の業者の見積もりを取る際には、例えばこちらのような引っ越し業者の比較サイトを使うのが便利ですよ。
引越しラクっとNAVI

比較する際は「引っ越しのサカイ」や「アート引越センター」などの大手と、引っ越し先の地域に特化した業者を混ぜると良いです。

ちなみに友人は複数の引っ越し業者を同時に家に呼んで見積もりをしてもらったそうです。

この方法は本当に安くなるそうですが、私の場合はそこまでするのは、引っ越し業者の営業マンの方が気の毒でできませんでした。

実際に私の所に見積もりに来た、営業マンの方もその見積もり方法だけは勘弁して欲しいと言ってました。

私はあまりおすすめしませんが、どうしても引っ越し料金を節約したい方は、やってみてはいかがでしょうか?

不要物を捨てる

引っ越しの最も大変な所は、家財道具を段ボールなどに詰める、荷造りの作業です。

引っ越し業者のサービスには、荷物の箱詰めサービスなどもあります。しかし、それを使っても、なお大変なのが引っ越しです。

引っ越しを楽にするには、とにかく荷物を少なくすることです。

そのためには次のような方法があります。

  • 不用品を売る
  • 断捨離

それぞれについて、私が実際にやったことを紹介しますね!

不用品を売る

不用品を捨てたり粗大ゴミに出すのは、大変な上にお金もかかってしまいます。

なるべく楽で、お金のかからない方法で捨てるためには、売却してしまうのが一番です。

そのために利用したのが、トレジャーファクトリーというサービスです。事前に電話でどのような不用品があるかを連絡しておくと、自宅に来てその品物を査定してくれます。

査定対象の品が3つ以上ないと利用できませんが、粗大ゴミに出すしかない物がお金になる上に、引き取っていってもらえるため、荷物が減って本当に助かります
トレジャーファクトリーの引越
また、本などはブックオフオンラインを利用すれば、売却することができます。

売却を申し込むと、まずは段ボール箱が送られてくるので、後はそれに処分したい本やCD、DVD、ゲームソフトなどを詰めて送り返すだけです。

荷物がブックオフ側に届くと、査定して買い取ってもらえます。
ブックオフオンライン

引っ越しのストレスを減らすには、とにかく荷物を減らす事が一番なので、是非、利用してみてください!

断捨離

売ることもできなかった品物は、最後は捨てるしかありません。

しかし、家財道具というものは、どれも「いつか使うんじゃないか」という気持ちにとらわれて、なかなか捨てることができないものですよね。

でも、使わない品物を段ボール箱に詰めたり、新居に運び込むのはとっても大変です!

引っ越しのストレスのほとんどが、捨てられない物との格闘から来ると言っても過言ではありません。では、どうすれば捨てられない物を捨てることができるのでしょうか?

それは実にシンプルな考え方が必要です。

私の場合は「1年間使ってない物はこれからも使わない物!」と決めてバシバシ捨てていきました。不用品が自宅の多くのスペースを占領しているというのは、とても無駄ですし、引っ越しする度に足かせになります。

使わない物を捨て去るのは、精神的にもとても健康的です。

私の場合は、この本を読んで、物への執着心を捨てる方法を学びました。


ただし1年間使ってない物でも、生活するのに絶対に必要な物もあるので、そういった物はもちろん捨てません。大切なのはいつか使うんじゃないかという迷いを捨て去って、ハッキリと区別する力を身に付けることです。

引っ越しは、自分を縛り付ける不用品の呪縛から解放されるための一番のチャンスです!

是非、このチャンスを活かして断捨離を断行してくださいね!

役所の手続き


お役所の手続きには、大変なものはありません。しかし、細々とたくさんあるのが厄介です。

普通、役所での手続きといえば、住民票を移すことくらいしか思いつきませんが、実はこれだけあります。

  • 子供の転校手続き
  • 転出の手続き
  • 国民健康保険の資格喪失手続き
  • 障害者支援などの福祉サービスの停止手続き
  • 課税証明書の取得

引っ越しは何かと忙しいものなので、一度で全部済ませられるように、必要な手続きはあらかじめ全部、把握しておくようにしましょう!

スポンサーリンク


まとめ

引っ越しは本当にやることがたくさんです!

引っ越し業者に荷物を運んでもらうだけじゃすまないんですよね…。

そんな大変な引っ越しを少しでも楽にするためのポイントをもう一度おさらいしておきます。

  • 引っ越し業者の選定
  • 引っ越し業者の比較サイトで、しっかりと相見積もりを取ること

  • 不要物を捨てる
  • 不用品回収業者や断捨離によって、不用品を全て処分すること

  • 役所の手続き
  • 役所の細々した手続きはいっぺんに終わらせること

引っ越しは落ち着いて賢くやれば、楽にできます!

私みたいな苦労をしないためにも、皆さんは「引っ越しのやることチェックリスト」を使って、順番に片づけていってくださいね!