皆さんはご自分の銀行口座はどの銀行に開設してますか?大都市に住んでいると、自宅の近所にあるからとか、会社で指定されたからなんて理由で、都市銀行に口座を持っている人が多いかもしれません。

大都市に住んでいると、都市銀行の視点は、各駅に存在するくらいとってもたくさんあります。

しかし、地方では違います。都市銀行の支店は一気に減ってしまい、あるのは地方銀行ばかりです。

私も都市銀行に口座を持っていましたが、仙台に移住してすぐに困ったのが、銀行の支店やATMが近所に無いことでした!

住所変更の手続きをしようと思っても、仙台駅前にしか支店が無いので、とっても不便です。

お金を引き出すだけなら、コンビニのATMは利用可能ですが、手数料がかかってしまいます。

とっても不便なので、最初は地方銀行の口座を新設しようと思ったのですが、実はそんな必要ありませんでした。

各都市銀行のサービスを利用すれば、支店が近所に無くてもほとんど困ることは無いんですよ!

というわけで、地方に引っ越したら最初に困る銀行口座の住所変更や、コンビニATMの引き出し手数料を無料にする方法をお伝えします。

スポンサーリンク


住所変更の方法

まず住所変更の方法から見ていきましょう。

基本的に各銀行やり方は、ほぼ同じ次の3つです。

  • インターネットバンキング
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口

それぞれ、細かく紹介していきますね。

※参考サイト
みずほ銀行 ⇒ みずほ銀行:住所・氏名など届出内容を変更したい
三菱東京UFJ銀行 ⇒ 住所変更
三井住友銀行 ⇒ 住所の変更
りそな銀行 ⇒ 変更手続きに関する質問

インターネットバンキング


各銀行のインターネットバンキングサービスを使えば住所変更可能です。

この方法が最も手軽で便利です。

各銀行のインターネットバンキングのサービス名は次の通りです。

  • みずほ銀行:みずほダイレクト
  • 三菱東京UFJ銀行:三菱東京UFJダイレクト
  • 三井住友銀行:SMBCダイレクト
  • りそな銀行:マイゲート

変更の操作をするには、どの銀行でも取引パスワードが必要になります。

特に申請書のようなものは必要なく、画面上の操作で変更は完了します。

電話

三井住友銀行以外は電話でも住所変更が可能です。

各銀行のテレフォンバンキングの電話番号は次の通りです。

  • みずほ銀行:0120–898–324
  • 三菱東京UFJ:0120-860-777
  • りそな銀行:0120-243-989

キャッシュカードの暗証番号や預金通帳などが必要になるので準備しておいてくださいね。

これも手軽にできるのでおすすめです。

郵送


どの銀行でも郵送での手続きが可能です。

ただし、銀行によって少しだけ違いがあります。

それぞれ説明しますね!

りそな銀行以外

申込書を郵送してもらう方法と、インターネット上で申込書を作成して印刷し、それを郵送する方法があります。

印刷するにはプリンターが必要になるので、持ってない場合は申込書を郵送してもらい、それに必要事項を記入して返送することになります。

りそな銀行

りそな銀行だけは申込書を郵送してもらうことになります。

送られてきた申請書に必要事項を記入して、返送してください。

窓口

最後は窓口での手続きになります。

最寄りの支店に行って手続するだけです。

口座を開設している支店じゃなくてもOKです。

預金通帳と銀行に届け出ている印鑑が必要になるので、忘れないでください。

一番手軽なのは、インターネットバンキングを利用することですが、利用手続きをしてないと使えない場合があります。

その場合はテレフォンバンキングを利用すると良いと思います。


というわけで、住所変更はこれでOKなわけですが、肝心なのは普段の生活でよく使う、預金の引き出しです。

支店やATMが無ければ、コンビニで引き出すしかありません。そうなるとコンビニ手数料を無料にしたいところです。

今度は各銀行のコンビニ手数料を無料にする方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク


引き出し手数料を無料にする方法

それぞれの都市銀行には、コンビニATMの引き出し手数料を無料にするサービスがきちんと存在します!

これを利用すれば、とりあえず日常生活は問題無しです!

というわけで、それぞれの銀行のサービスの条件を見ていきましょう。


みずほ銀行

みずほ銀行の場合、みずほマイレージクラブに入会することと、みずほダイレクト、または簡単残高照会の登録をすることが前提条件になります。

その上で、次のうちのいずれかの条件を満たすと、コンビニATMの利用手数料が無料になります。

  • 給与の受取口座になっている(明細に給与と表示される入金があること)
  • 年齢が25歳未満
  • オリコカードの引き落とし口座になっている
  • 預金口座の残高が30万円以上
  • NISA口座を開設してから2年以内
  • NISA口座の残高が50万円以上

この中のどれか一つの条件を満たすと、時間を問わずコンビニATMの利用手数料が月4回まで無料になります。

またみずほ銀行やイオン銀行の時間外利用手数料も無料になります。


三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の場合、スーパー普通預金(メインバンク プラス)の口座を開設することが前提になります。

その上で、次のうちのいずれかの条件を満たすと、コンビニATMの利用手数料が無料になります。

  • 金額が10万円以上の給与の受取口座になっている
  • 投信つみたての自動振替口座になっている
  • クレジットカードの引き落とし口座になっている
  • 預金口座の残高が30万円以上

この中のどれか一つの条件を満たすと、時間を問わずコンビニATMの利用手数料が月3回まで無料になります。

また、三菱東京UFJ銀行の時間外利用手数料も無料になります。

ちなみに住宅ローンの残高が500万円以上あるか、預金残高が500万円以上あると、他行への振込手数料も月3回まで無料になります。


三井住友銀行

三井住友銀行の場合は、残高別金利型普通預金口座を開設し、SMBCダイレクトを契約することでSMBCポイントパックというサービスを利用することが前提条件です。

その上で、次のうちのいずれかの条件を満たすと、コンビニATMの利用手数料が無料になります。

  • 給与または年金の受取口座になっている
  • クレジットカードの引き落とし口座になっている
  • 預金口座の残高が30万円以上
  • Web通帳を契約している
  • 住宅ローンを契約している
  • カードローンを契約している

この中のどれか一つの条件を満たすと、時間を問わずコンビニATMの利用手数料が月4回まで無料になります。

また、三井住友銀行の時間外利用手数料も無料になります。


りそな銀行

りそな銀行の場合は、りそなクラブというポイントサービスに入会することが前提条件です。

その上で、いくつかある条件を満たす必要があります。

ただし、それぞれの条件にはポイントがあり、それらの合計で自分のステージが決まります。

とりあえず、代表的な条件だけお伝えしておきます。

  • 給与または年金の受取口座になっている(明細に給与または年金と表示される入金があること)
  • 投資信託を30万円以上所有している
  • 貸金庫を契約する

その他の条件は公式サイトを確認してみてください。

合計ポイントが20を超えれば良いので、細々した色んな条件を満たしていればOKです。

例えば次のような3つの条件を満たしてもクリアできます。

  • インターネット通帳「TIMO」を契約(5ポイント)
  • りそなデビッドカードで何か買い物をする(10ポイント)
  • マイゲートにログインする(5ポイント)

こんな感じで合計20ポイントを超えるように、色々な条件をチェックしてみてください。


スポンサーリンク


まとめ

都市銀行の場合、引っ越すと支店の数が減ってしまうので、その地域に強い地方銀行の講座を作りたくなってしまいます。

しかし、また別の場所に引っ越すとまた同じ問題が出てきます。

都市銀行の場合は少ないとはいえ全国に支店があるので、やはり、そのままその銀行口座を使うのをおすすめします。

その際は、きちんと住所変更するのを忘れないでくださいね!

も負一度、住所変更の方法をおさらいしておきます。


  • インターネットバンキング
  • 申請書のやり取り無しで、インターネットから住所変更する方法。その際、取引パスワードなどが必要になる。一番手軽にできる。

  • 電話
  • 電話のやり取りのみで、住所変更をする方法。取引パスワードや暗証番号をオペレータに伝える必要がある。分からなくてもオペレータが教えてくれるので、間違いが無い。

  • 郵送
  • インターネット上で申込書を作成したり、郵送してもらった申込書に必要事項を記載して、送ることで住所変更する方法。書類に不備があると何度もやり取りをすることになるので、一番面倒。

  • 窓口
  • 近くの支店の窓口で、対面で住所変更する方法。預金通帳と届出印が必要。必要な物さえ持っていれば間違いが無くて確実。

支店の数は少なくても、今はコンビニATMがあるので、そんなに不自由しません。

ただし、手数料を払うのはもったいないので、各銀行の手数料無料サービスを利用して、賢く利用してみてくださいね!