健康とは、心身ともに病気にかかってないことだと考えている人は、多いと思います。私自身もそのうちの一人でした。

そして、私の場合は、心も体も壊れる寸前の状態の中でも、自分は健康だから頑張らなければいけないと思っていました。健康に対して、かなり間違った認識を持っていました。

しかし、遂に仕事を続けられないくらいに、体を壊した時に本当の健康とはどういうものかを気付きました!

今回は私が実践している本当の健康な人生を送る方法について、皆さんにも共有したいと思います。

スポンサーリンク


健康とは?

225374
健康な人生を送る方法を見ていく前に、そもそも健康について、多くの人は誤解しています。

まずは健康についての誤解と、健康の正しい定義について見ていきましょう!

健康についての誤解

現代の日本社会を見ると、多くの人は健康のことを誤解しているように思います。

私が感じている誤解は次の2つです。

  • 心と体が病気じゃなければ健康
  • 健康は充実した人生を送るための手段

どうしてこれらが間違っているのか、順番に説明していきます!

心と体が病気じゃなければ健康

8b891beb903f76330633ce6a72e5416a_s
「心と体が病気じゃなければ健康である」というのは、最も多い誤解だと思います。

これは健康の定義を正しく理解していないことからくる誤解です。

例えばこれらのような条件に1つでも当てはまるのであれば、健康とは言えないのです!

  • やりがいのある仕事が無い
  • 信頼できる友人、家族がいない
  • 人を騙したり、憎んで争うなどの悪を行う

これを見ると、その人の人生のあり方までも関係することが分かります。健康の定義については、後半で説明します!

健康は充実した人生を送るための手段

「健康は充実した人生を送るための手段」というのも誤解です。とても正しいことを言っているようで、微妙に間違っています

恐らく、心と体が健康でなければ、良い仕事をして、楽しいことができないからというのが、その根拠でしょう。

これは次の2つからくる誤解です。

  • 健康の定義を正しく理解していない
  • 何が充実した人生なのかが曖昧

健康の他の定義を理解せず、正体の分からない「充実した人生」を追い求めることは、とても危険な落とし穴が待っています!

この考え方は、角度を変えると充実した人生を送るという目的のために、心と体を使うという考え方です。

実はこの誤解のために私は心と体を壊す寸前まで、自分を追い込んでしまいました。

私は「充実した人生」とは、「仕事で成果を上げて、社会に貢献すること」、「自分を犠牲にして、仲間のために尽くす事」だと思っていました。

しかし、幻の「充実した人生」の優先度が高くなりすぎることで、やがて、心と体の健康を犠牲にすることも仕方がないと考えるようになりました。

そして、ボロボロになるまで頑張ってしまい、仕事を続けることができないほど、心と体の健康を悪化させてしまいました。

実は「充実した人生」の中には、心と体の健康が含まれており、充実した人生のために健康があるのではないのです。

では、健康とはどういうものなのでしょうか?次は健康の正しい定義を見ていきましょう。

WHOの健康の定義

実は健康とはどういったことなのかを、WHO(世界保健機関)がこう定義しています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
(健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。)

また、1998年にはこの定義を次のように改定する提案がされ、議題にあげることが可決されました。

Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
(健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、霊的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた動的状態にあることをいいます。)

ただし、1998年に提案された改定案は、既存の定義が十分に機能してるという理由から、審議保留のまま現在に至っています。
日本WHO協会


この定義によると、健康とは私たちが考える心(精神的)と体(肉体的)以外にも、社会的霊的の2つがあるのです。

  • 肉体的
  • 精神的
  • 社会的
  • 霊的

恐らく日本人にとって、霊的という概念は、理解しにくいものだと思います。しかし、本当の健康を理解する上で、とても大切であり、WHOで改定案が否定されているわけでもありません。

そこで、ここでは霊的も含めた次の4つについて、順番に解説していきたいと思います!

肉体的

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s
最初は肉体的な健康の定義です。肉体的に健康とは、単に病気にかかっていないということではありません。

健全な社会生活を送るために十分な体力と十分な知能を持っている状態です。

病気ではなくても、常に疲れ切っていて、活動する気力が無い状態は、肉体的な健康とは言えません。

また、病気や疲労、その他の理由で、正常なコミュニケーションができなかったり、正しい判断ができない状態も肉体的な不健康にあたります。

そして、ここで、注意が必要なことは、体に障害があったとしても、肉体的な不健康にはならないということです!

例えば事故により、下半身が動かなくなり、車椅子生活になったとしても、本人に社会生活を営む上での十分な体力と知能があれば、肉体的には健康なのです!

精神的

e5ba3b6e7ea2766a9c16f60924bb5a65_s
次は精神的な健康の定義です。精神的な健康とは、うつ病などの心の病気にかかっていないということではありません。

心が平和で十分なゆとりがあること、発言や表情がポジティブで、健全な社会生活を営む上での、十分な活力と気力がある状態です。

不安な気持ちやイライラする気持ち、自己嫌悪や無気力感などは、精神的に不健康な状態と言えます。

私たちは、精神的に不健康な状態というと、うつ病をイメージしますが、実は上記のような状態も、精神的に不健康な状態です。

仕事のストレスや人間関係のトラブルなどで、意外に簡単にこのような状態になってしまいます。しかし、私たちは精神的な不健康に対して、自覚を持ちにくく、気が付くと重症化しやすいため、注意が必要です!

社会的

3つ目は社会的な健康の定義です。健康の定義の中に、社会的な健康が入っている事を知っている日本人は、少ないと思います。

社会的な健康とは、健全な社会生活を送っていることです。つまり、次のような状態にあることです。

  • 良好な人間関係がある
  • やりがいがあって社会貢献できる仕事を持っている
  • 適度な緊張感がありつつ、ストレスの低い生活をしている
  • プライベートでも十分に充実した活動をしている

反社会的であったり、過重労働などで強いストレスを感じる仕事をしているのは、社会的に健康とは言えません。また、友人や家族との関係が希薄であったり、険悪であったりすることも、社会的には不健康です。

健康的な人生を送るためには必要不可欠なのが、この社会的な健康です。私たちは普段、この社会的な健康を意識することは少ないです。

しかし、実は私たち日本人は、この社会的な健康を無意識のうちに過度に優先させ過ぎる傾向があります。その典型的な例が私です

私は仕事でチームワークを大切にして、優れた成果を上げることが大事だと信じていました。そして、プライベートでは、友人たちのために自分のプライベートの時間を犠牲にして、頑張っていました。

その結果、私は心と体が壊れる寸前まで自分を追い込み、仕事を辞めることになりました。その顛末はこちらの記事に書いてあるので、良ければご覧ください。
仕事を辞める勇気を持つには?仕事を辞めようと決心した日!

誤解してはいけないのは、社会的な健康は、他の健康に優先されるものではないということです!全てが同じように重要で、どれか1つの健康を崩しただけでも、他の健康に影響が出てくるのです!

霊的

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s
最後が霊的な健康の定義です。霊的(spiritual)な健康と言っても、魂の健康のことではありません。宗教心の薄い日本人には、霊的健康と言っても理解できないなどと言う人もいますが、私はそうは思いません。

霊的な健康とは次のような、人間らしい、健全な心や同機を持っている状態です。
  • 基本的に人生は良い方向に進むという希望
  • 人間同士、慈しみ合い、助け合う心
  • 他人を信頼し、団結して協力する心
  • 物事を達成するために、信じて諦めない心
  • 困難から逃げずに、立ち向かう勇気や情熱

これらはほんの一部です。霊的な健康の要素は、他にもたくさんあります。これらは健康に大きな影響を与えます。

希望や信じる心、情熱が無い状態が続くと、心は活力を失い、ひどい場合にはうつ病になります。

また、第二次世界大戦では、兵士たちは恨みも憎しみも無い敵と戦い、命を奪い合いました。その結果、戦場から帰還した兵士たちの多くが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったのです。

人間はこのような心や同機を持っている時に、最も良いパフォーマンスを発揮し、健康な状態になるように作られているのです!


ここまで、本当の健康とはどういうものかを見てきました。では、どうすればこのような健康な生活を送ることができるのでしょうか?

今度はその方法を見ていきましょう!

スポンサーリンク


健康な人生を送る方法

332072
健康な人生を送ることは、全ての人の願いですよね!

ここではその方法について考えたいと思います。

4つの健康を全て満たすことが真の健康!

健康とは、肉体的、精神的、社会的、霊的の4つの健康が全て揃った状態です。これらの4つの健康を手に入れるためにはどうすれば良いのでしょうか?

それには次のことを心がけることです。

  • 4つ全ての健康を心がける
  • 自分にとっての健康を知る


4つ全ての健康を心がける

多くの人は健康とは、心と体が健康な状態と誤解しています。私のように無意識のうちに、過度に社会的な責任を果たすために、他の健康を犠牲にする人が増えてきています。

また、若い女性の中には、健康で美しい体が欲しいために、過度に容姿を気にし過ぎて、健全な人間関係が持てなくなったり、うつ状態になる人もいます。

このようにどれか1つに偏ると、人間は健康でいられなくなります

私はこの4つの健康のバランスが、とても偏っていることに気付きました。そして、自分の人生を健康的なバランスにするために、仕事を辞めたのです。

自分にとっての健康を知る

138287
4つの健康を心がけようと言っても、実はどのような状態の時が健康であるかは十人十色です。

特に社会的な健康と、霊的な健康に関しては、人それぞれだったりします。

例えば社会的な健康と言っても、ある人は非常に競争の激しい、緊張感のある仕事にやりがいを感じるかもしれません。また、別の人は責任が重い重要な仕事を好むかもしれません。私のように重圧には弱いものの、人助けになる仕事に喜びを感じる人もいるでしょう。

同じように霊的な健康であれば、互いに愛し合い、助け合うことに充実感を持つ人もいれば、困難に挑戦して乗り越えていく闘争心や情熱に意義を感じる人もいるでしょう。

健康の形は人それぞれなので、何が自分にとって健康なのか、良く考えることが重要です!

健康こそが充実した人生

ここまで健康について考えてみると、分かってくることがあります。それは、健康な人生こそ、充実した人生だということです!

充実した人生を送るために健康があるのではなく、健康な人生を送ることができれば、充実した人生も同時に手に入るのです!

実はここに気付くことが、最も重要なことなのです!

是非、自分にとっての健康な人生を追求してみてください!

スポンサーリンク


まとめ

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s
今回は健康な人生とは何かについてお伝えしてきました。

おさらいすると、健康の定義とは次の4つの健康を全て満たした状態です。

  • 肉体的
  • 精神的
  • 社会的
  • 霊的

これら全ての健康をバランスよく保つことで、人間は充実した人生を送ることができます

それぞれの健康を手に入れるためには、様々な方法があります。そして、健康の形も人それぞれなので、自分に合った形の健康を探してみてください!

皆さんが自分にとっての健康を見つけることができるように願っています!