私は元々サラリーマンでしたが、定年までサラリーマンを続けるのはとても無理と思い、副業を始めました。予定通りに行かない事もあり、かなり苦労しましたが、今では念願がかなって脱サラすることができました。

何が良かったのかを、今振り返ってみて考えると、何よりもまず自分に合った副業を見つけることができたことだと思います。

自分に合ったライフスタイルを手に入れるためには、ある程度の収入も大切ですよね!そのためにはサラリーマンとしての給与収入だけでは足りないという人もいると思います。

その場合、副業をやるというのも選択肢の一つだと思います。

そこで、ここではサラリーマンがやるのに適した副業の条件や具体的な仕事の例についてお伝えします。

スポンサーリンク


サラリーマンに適した副業の条件

f38ed990e715a6850d1819431af68dda_s
サラリーマンが副業としてやる場合、どんな仕事でも良いというわけにはいきません。

最も重要なのは本業に影響が出ない事です。

本業をやりながらできる副業となると次の2つの条件を満たしていることが大切です。

  • 好きな時にできる
  • リスクが少ない

本業をやっている時は、本業に集中する必要があります。例えば四六時中顧客対応の電話がかかってくるような副業は、本業に影響が出るためNGです。

また、ほとんどの人は副業をやった経験が無いはずなので、スキルやノウハウが身に付くまでは、リスクが少ないものをやるのが望ましいです。

自分が十分に成長するまでは、初期投資を少なく抑えたミニマムスタートを心がけて、何度でもやり直せる状態を保つ事が大切です。

では、次からサラリーマンに適した副業を見ていきましょう。

スポンサーリンク


サラリーマンができる副業

515d39d86fc439347d4701ee1e333ff5_s
仕事をしながらできる仕事はやはり限られます。

好きな時間にできてリスクが少ない、サラリーマンにおすすめの副業は大きく分けて、次の3つがあります。

  • 労働収入
  • 投資
  • ネットビジネス

それぞれ、どんなものか簡単に説明します。

労働収入

4f80ff1610e4da387fcb1066b90d2e61_s
文字通り働きに応じて、収入が得られる仕事です。

平日の帰宅後や週末の空いた時間に働くことで得られる収入です。

働けば必ず収入になるのがメリットですが、働いた後にはお金以外何も残りません。

また、どうせ労働収入を得るなら会社で残業している方が良い場合もあります。

投資

1746142cc09b7124b1440a716038fc9a_s
為替や株式、不動産などに投資して、売却益や配当金、家賃収入などを得る方法です。自分だけでなくお金にも働いてもらおうという考え方です。

サラリーマンの副業なので、常にパソコンの前で売買を繰り返すようなデイトレーディングやFXなどの時間が必要でリスクの高い手法は除きます。

メリットは費やす時間が少なく、放っておいても収益を生むことです。しかし、ある程度まとまったお金を稼ぐには、投資する資金も多額でないといけません。

かなりの余剰資金が無いと効果的でない手法です。

ネットビジネス

5d0d554b6966f5d26216ee1c4edcce81_s
インターネットや通信技術、物流の進歩によって、パソコン一つあればできる仕事がたくさん増えました。

ネットビジネスとは、自作のサイトに掲載した広告から収入を得たり、インターネットのショッピングサイトで、物品を販売して、お金を稼ぐ方法です。

いずれの方法でも初期投資が少なく済み、時間も場所も選びません。稼げる仕組みを作り上げてしまえば、放っておいてもお金を生み続けてくれます

しかし、手軽なだけに参入者が多く、競争が激しく、実際に稼げるようになる人の率は10%以下と言われています。

また、稼ぎの金額がある程度になるまでに、時間がかかることも特徴です。諦めないための強い精神力が何よりも必要です。


次は、これらの3つの具体例を挙げて、それぞれのメリットとデメリットを比較していきます。

スポンサーリンク


それぞれの具体例

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s
副業をやると言っても、目的は十人十色ですよね。

子育て資金や老後の生活のための資金が欲しい、お小遣い稼ぎがしたい、脱サラしたいなど、目的は様々だと思います。これから紹介する内容を参考にして、自分の目的に合った副業を選ぶようにしてくださいね。

労働収入

労働収入は働きに応じて、すぐに収入が貰えます。

今すぐお金が欲しい場合におすすめな副業ですね。

【労働収入を得るための副業の例】
種類 内容 メリット デメリット
アルバイト コンビニや飲食店などの接客や調理などの仕事です。時給制なので、決まった収入が得られる。 働いた時間応じて、安定して確実に収入になる 本業に加えてやるにはハード。働いた後に何も残らない。
データ入力 顧客情報や商品情報、売り上げ情報などをパソコンなどで打ち込む作業。在宅でできるものが対象なので、コールセンターなどは対象外 面倒な作業は無く、ただ黙々と打ち込むだけで済む。 作業が単調。働いた後に何も残らない。
ブログライティング 決められたテーマで、ブログ記事のライティングをする。報酬は文字数に応じて決まる。 ライティングスキルが身に付く。 センスが無いと書き上げるのに苦労する。
スマホアプリ制作 iOSやAndroidのスマートフォン用のアプリを制作する。 プログラミングが好きであれば楽しい。 スキルが必要なので、誰でもできるわけではない。
LINEスタンプ制作 LINEのスタンプを作成する。 絵やデザインが好きであれば楽しい。 スキルが必要なので、誰でもできるわけではない。

ここで紹介したスマホアプリやLINEスタンプの制作は、クラウドソーシングサイトなどで作成業務を受注してやる場合の仕事を指しています。

制作したものを自分で販売することも、当然可能ですが、その場合は売れなければ、収入は0円なので、自分が副業をする目的を考えて判断してください。

投資

サラリーマンが副業としてやる場合には、自分が頑張るのではなく、お金に働いてもらうという考え方が重要です。

世の中の経済情報を常に把握する必要があったり、売買を頻繁に行う必要があるなど、常に自分が頑張らなければいけない手法は、忙しいサラリーマンには不向きなので、そのような手法は除いています。

全ての手法で値下がりのリスクがあるため、どんな手法を選んでも、それなりのリスクを覚悟しなければいけません。また、総じて政治経済に対する理解と情報が必要です。

【投資の例】
種類 内容 メリット デメリット
株式投資 株式を購入して値上がりした時に売ったり、配当金で収入を得る方法。 売買の作業だけで済む。 多額の株式購入資金が必要。株式の値下がりや企業の倒産のリスクがある。
投資信託 投資信託を購入して値上がりした時に売ったり、分配金で収入を得る方法。 売買の作業だけで済む。 多額の投資信託購入資金が必要。評価額の値下がりリスクがある。
不動産投資 住宅や土地を購入し、値上がりした時に売ったり、家賃収入を得る方法。 売買の作業だけで済む。 多額の不動産購入資金が必要。不動産価格の値下がりや空き室のリスクがある。

投資でお金を稼ぐには、ある程度の余剰資金が必要です。また、他の手法よりもリスクが高いため、始めるためのハードルが高いのが特徴です。

投資は、他の手法で安定してお金を稼げるようになり、余剰資金ができてから始めるのがおすすめです。

ネットビジネス

最も手軽に低リスクで始められます。その分、ライバルが大勢いて競争が激しいです。

ネットビジネスだけで生活できるくらい稼げるようになる人は僅かですが、月数万円稼げればOKであれば、実は意外に簡単です。

【ネットビジネスの例】
種類 内容 メリット デメリット
アフィリエイト バリューコマース、A8.netといったアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)と契約して、商品を紹介し、報酬をもらう方法。商品が購入されたり、会員契約が成立すると成功報酬が発生する。 報酬の単価が比較的高い。 商品紹介のセンスが必要。ブログサイトやWebサイトを制作する必要がある。
物販 ヤフオクやメルカリ、Amazon、eBayなどのネットオークションやネットショッピングのサイトで物品を販売して利益を得る方法。 利益が出る商品を転売するだけなので簡単。 売れる商品はライバルが多い。薄利多売になりがちなので、作業量が多い。
ブログサイト運営 ブログサイトを作成しアクセスを集め、掲載した広告から収入を得る方法。 アクセスを集めれば良いだけなので、自分が好きで得意なテーマで書けば良い。 ライティングスキルが必要。とにかくたくさんの記事を書く必要がある。
Youtube Youtubeに動画を投稿し閲覧者を集め、掲載した広告から収入を得る方法。 アクセスを集めれば良いだけなので、自分が好きな動画を作れば良い。 動画作成のセンスが必要。とにかくたくさんの動画を作成する必要がある。
写真販売 フォトライブラリーやPIXTAなどのサイトで自分が取った写真を販売する方法。 自分のオリジナルの写真を投稿するだけなので、作業が単純。 写真撮影のセンスが必要。とにかくたくさんの写真を投稿する必要がある。

物販の場合、不良在庫を抱えるリスクがあるので、比較的リスクが高めですが、今すぐにでも始められるほど手軽です。売れる商品さえあれば、最初から大きく稼ぐことも可能ですが、作業を止めてしまうとすぐに収入が0円になってしまいます。その点では、労働収入に似ているかもしれません。

それ以外の手法は、センスと諦めずに続ける強い精神力が必要ですが、一旦稼げるようになると、放っておいても収入が発生し続けるメリットがあります。

スポンサーリンク


まとめ

877c8b7a18cc956b901260168feb9e18_s
副業と言ってもどれも一長一短です。

私の場合は、自分の健康を考えると、定年までサラリーマンを続けるのが難しいと思いました。そのため、脱サラを目指したのですが、いきなりサラリーマンを辞めて起業するには、経営スキルもアイディアも無かったため、副業を始めることを選択しました。

その結果、私が選んだのがブログサイトの運営でした。ずっと続けていれば、いつかは生活できるくらい稼げるだろうと思って、コツコツ気長にやり続けたら、本当にそうなりました。

サラリーマンの収入だけで豊かな生活をするのは、だんだん難しくなってきています。自分の理想のライフスタイルを実現するには、収入や働き方は重要です!

是非、自分に合った副業を探してみてくださいね!

ちなみにサラリーマンの場合は、会社の服務規定で副業を禁止している場合があります。始める前に必ず、ご自分の会社の規則を確認してください。