現代の日本社会は戦後の奇跡的な経済成長は終わり、長らく経済が停滞しています。

昔はサラリーマンといえば、安定収入か期待できて、責任も重くない理想的な働き方でした。

しかし、今では労働時間が長く、なかなか賃金の上がらない、大変な働き方に変わってきています。

そうやって、時代が変わってきたことで、サラリーマンを辞めて、フリーランスとして独立する人も増えてきています。


でも、果たしてフリーランスになると本当により良い生活をすることができるんでしょうか?

インターネットなんかで検索すると「フリーランスになって夢の生活を手に入れよう!」なんて感じで励ます記事や、「サラリーマンを続けるなんて愚か者の情報弱者だ!」なんて煽る記事が多いですよね?

でも、サラリーマンとフリーランスを両方経験してみた結果、理想的な働き方は、やっぱりフリーランスじゃないって思うんですよね。

じゃあ、どんな働き方が理想的なんでしょうか?

今回はサラリーマンとフリーランスを比較しながら、理想的な働き方とは何なのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク


サラリーマンとフリーランスの比較

『サラリーマンとフリーランスはどっちの方が良いのか?』これを考える時に、まず重要なのは両方のメリットとデメリットをハッキリさせておくことだと思います。

漠然と比較するのではなく、重要なポイントをハッキリさせておいた方が、より自分の理想の働き方が分かりやすくなるはずです。

そこで、まずは次の5つのポイントで比較してみます。

  • 収入額
  • 安定性
  • 将来性
  • 楽しさ
  • ストレス

それぞれの働き方において、これらがどうなのかを表にして比較しましょう。

【サラリーマンとフリーランスの比較表】
比較ポイント サラリーマン フリーランス どっちが良い?
収入額 ほぼ一定、あるいは少ししか増えない 自分の働き次第 どちらとも言えな
安定性 会社が存続する限り安定 基本的に不安定 サラリーマン
将来性 望み通りになる可能性は低い 自分次第で様々な可能性がある フリーランス
楽しさ 望み通り自由なことはできない 基本的に好きなことができる フリーランス
ストレス ストレスは多いが、将来の不安は少ない ストレスは少ないが、将来の不安は大きい どっちもどっち

この表を見ると、単純にフリーランスの方が良さそうに見えますね。

でも、仕事をして収入を得る重要な目的は、生活のためです。そうなると、収入の安定性は他のポイントよりも重要性が高いですよね?

そうなると、やっぱりどっちが理想的かなんて、ハッキリ言いきることなんてできないですよね

これらの5つのうちのどれを重視するかによって、自分の理想の働き方を探すしかないわけです。


そこで、改めて私自身も理想の働き方を考えてみたのです。

スポンサーリンク


今の正直な気持ち

私にとっては、安定性が重要なポイントなんです。

やはり、収入が多くなるも少なくなるも全て自分次第というのは、大きなプレッシャーだからです。

「収入を安定化させるには、どうすれば良いだろう?」とか「新しいビジネスのアイディアは無いかな?」なんていつも考えてます。普段の生活でも常にブログのネタを探しては、メモ帳に書き留めています。

ブログ運営は好きですし、仕事も仕事と感じないくらい楽しいので、ストレスなんて全く感じません。

でも、四六時中そんな感じで、土日とか関係なく、ずっと仕事をしてるのは、将来に対する不安も少なからず影響してると思います。

ふと「サラリーマンに戻ろうかな…」なんて考えが頭をよぎることだってあります。やっぱり、収入を安定させたいというのは、強い望みなんですよね。

つまり、私にとっての理想の働き方は、サラリーマンとフリーランスの良いとこ取りした働き方だということです。

そして、恐らく誰にとっても、この良いとこ取りした働き方が理想なんじゃないでしょうか?

違うのは、”良いとこ”がどのポイントなのかという細かい部分だけだと思います。


でも、恐らく多くの人は「そんなの当たり前だろ!そんな働き方が実現できたら誰も苦労しないよ!」って思いますよね?

しかし、ここで大切なのは、サラリーマンもフリーランスもどちらも理想的な働き方ではないということです。最終的には自分自身で、両方の良いとこ取りの理想の働き方を見つけるってことです。

それって具体的にはどんな働き方なんでしょうかね?

スポンサーリンク


理想の働き方

そもそも、私はサラリーマン生活がストレスフルで、持病が悪化してしまったため、仕方なくサラリーマンを辞めました。本来はブログ運営を副業として続けながら、当分の間は、サラリーマンも続けようと思ってました。

しかしながら、本当にまた就職してサラリーマンに戻りたいかと言うと、それはやっぱり嫌です。収入を安定化したいだけなので、自由気ままに好きな時に仕事をする生活は失いたくありません。

要は安定性だけ増せば良いのです。そうなると、基本は今のままで、自由気ままな生活が失われない程度のパートタイムで働くのが良いかもしれません。マンションやアパートのオーナーになって家賃収入を得ても良いかもしれませんね。

私の理想とするポイントを考えると、基本はフリーランスのままが良いんですが、人によっては違う場合だってあるでしょう。

サラリーマン的な働き方が苦じゃない人は、副業をやって収入を増やすと良いかもしれません。ブログ運営なんかは、空いた時間にできるので、ピッタリかもしれませんね。

いずれにしても、理想の働き方はサラリーマンでもフリーランスでもないってことです。

自分で自分に合った働き方をデザインすることが重要なんです。

それには、少なくともサラリーマンだけやり続けていてはダメなのは確かでしょう。

真のフリーランスというのは、そういうものなんじゃないでしょうか?

是非、皆さんも自分の理想の働き方を追求するために、行動を起こしてみてください。

スポンサーリンク


まとめ

結局、理想の働き方というものは、サラリーマンとかフリーランスなんて二者択一で語れるようなものじゃありません。

大切なのは、自分の理想を追求することであり、そのために行動を起こすことです。


私自身も今のままで生活できるんであれば、それが一番良いんですがね…。でも、理想を追求するなら今のままでいるわけにはいきません^^

誰だって、理想を実現するには、なんとなく毎日過ごしているだけでは、無理に決まってます。

何をすべきかは人それぞれですし、新しいことを始めるのは大変さや不安が伴うものです。

それでも、理想を実現するためなら、第一歩を踏み出す必要があります。

今の生活を続けながらできることで十分です。是非、何か行動を起こしてみてください。