「サラリーマンなんて辞めちまえ!」の記事一覧

かつて高度経済成長によって、世界有数の経済大国になった日本ですが、最近はその勢いも衰えてきました。経済のグローバル化が進み、世界との激しい競争にさらされる中、日本企業の業績にも陰りが出てきています

そんな時代にもかかわらず、日本企業は経済成長を求めて、無理な頑張りを続けています。もはやこれ以上の経済成長は難しいのに、その無理のしわ寄せは、必死で働く社員たちに行ってしまうのです。

安定した職業というイメージだったサラリーマンは、だんだんと頑張っても報われない職業というイメージ変わりつつあります…。

ここでは、そんなサラリーマンを勇気をもって辞めるためのお役立ち情報をお伝えします!


スポンサーリンク

世の中全てブラック企業!?脱ブラックライフスタイルのすすめ!

サラリーマンなんて辞めちまえ!

ブラック企業は、労働者をボロボロになるまで働かせる悪者のイメージです。 しかし、今はブラック企業で働いてなくても、ボロボロに疲弊する人が増えています。 一体なぜなんでしょうか? ここでは現代の日本人が疲弊していく問題の本質と、脱ブラックライフスタイルのすすめをお伝えします。

現代のサラリーマンは奴隷なのか?その違いを考えてみた!

サラリーマンなんて辞めちまえ!

現代の日本でサラリーマンとして働くのは大変です。 中には奴隷のようだと感じながら、サラリーマンを続けている人もいるかもしれません。 では、実際にサラリーマンと奴隷を比べたらどうなんでしょうか? ここではサラリーマンと奴隷の違いを考えてみます。

仕事を辞める勇気が出ない!そんなあなたに贈るたった1つの言葉!

サラリーマンなんて辞めちまえ!

仕事していれば、少なからず不満も出てくるものです。 時には辞めたいと思うこともあるかもしれません。 しかし仕事を辞めるには勇気が必要ですよね。 では、どうすれば仕事を辞める勇気が持てるのでしょうか? ここでは、仕事を辞める勇気を持てる言葉をお伝えします!

東京生活に疲れた!でも移住を前にして楽しいことに気付きました!

サラリーマンなんて辞めちまえ!

東京の生活は華やかですが大変な事ばかりです。 もう東京の生活には疲れた!なんて人も多いかもしれません。 でも、ちょっと意識を変えることで東京生活が楽しいと感じることができるかもしれませんよ! そこで、ここでは東京生活の大変さと楽しさ、そして楽しく暮らすコツをお伝えします。

仕事に向いてないと言われた!辞める前に向き不向きを判断する方法!

サラリーマンなんて辞めちまえ!

今の仕事は向いてないと誰かから言われたことはあるでしょうか? そんなこと言われたらとてもショックですよね! でも、感情の勢いで仕事を辞めてしまっては、必ず後悔します。 仕事の向き不向きは客観的に判断するべきです。 そこで、ここでは仕事の向き不向きを判断する方法と、辞める前に考えておいた方が良い事をお伝えします。

サラリーマンを辞められない理由!なぜ日本人は無理するのか?

サラリーマンなんて辞めちまえ!

今の日本社会はとてもストレスが多い社会です。 サラリーマンの過重労働やうつ病などが社会問題になっています。 皆さんの中にもサラリーマンを辞めたいと思っても辞められないという人がいるかもしれません。 いったいなぜなのでしょうか? ここではサラリーマンを辞められない理由を考えていきます。

フリーランス生活は大変?良かった事と予想外だった事を告白!

サラリーマンなんて辞めちまえ!

サラリーマンなら多くの人が脱サラに憧れるかもしれません。 私も念願がかなって、夢のフリーランス生活に突入しました。 でも実際にこの働き方になると予想外の事も多かったです。 そこで、ここでは私のフリーランス生活の経験を振り返って、良かった事や予想外に大変だったことをお伝えします。

会社を休職できる理由って何?実は深く考える必要は無いんですよ!

サラリーマンなんて辞めちまえ!

長い社会人生活では、病気で仕事を休む必要がある時もあります。 休みが1日や2日で済めばよいですが、病気が深刻な場合は休職する必要が出てきます。 そんな時にまず悩むのが休職の理由です。 会社にも迷惑をかけることなので、理由は悩むものですよね! そこで、ここでは会社を休職する時の理由についてお伝えします。

日本がストレス社会になった原因!生き抜くためにはサムライから百姓になれ!

サラリーマンなんて辞めちまえ!

現代の日本社会ではうつ病や心疾患など、ストレスが原因で起きる病気が社会問題になっています。 私もストレスが原因で、心臓の不整脈発作が頻発するようになったため、仕事を辞めました。 一体なぜ日本はストレス社会になってしまったのでしょうか? 今回は日本がストレス社会になった原因についてお伝えします。

スポンサーリンク


ページの先頭へ